毛穴パックの口コミ体験談

ごっそりとれた角栓を眺めるのが快感すぎる!

毛穴パックを初めて使ったのは中学2年の時でした。友人たちがだんだん女の子らしくなっている一方、脂っぽい肌質で悩んでいた私はそのころすでに鼻の毛穴に黒ずんだ角栓が...。


いつもは指でおしだしていたのですが、ある日姉が毛穴パックを買ってきました。やってみよう!とのことで一緒にやってみましたが、その時は使い方がいまいちわからず「はがすとき痛いね...」という感想しかありませんでした。


しかし、何度か挑戦するうちに、たくさん角栓が取れるととてもうれしく快感すらおぼえるようになりました。そのために、その後研究を重ねた結果、一番角栓が取れる方法を編み出しました。


それは
1.湯船にゆっくりつかり汗をかく
2.ポアトル角栓クリアジェルで、10分間鼻と頬をくるくるマッサージ
3.お湯で洗い流し、拭かずにすぐに毛穴パックを貼る
4.20分から30分間、なるべく長めに乾かす
5.端からゆっくりはがす
6.冷水で顔を洗い、アイスで冷やして毛穴を引き締める


この6個。


毛穴パックは、何よりたくさんとれた角栓を眺めるのが快感です。なので、まずは毛穴パックの回数を少なくして角栓が十分に育つまで待ちます。毛穴パックは2週間に一回するのがベストです。


お風呂で湯船につかり、汗をかいて毛穴を開きます。そして一番効果があるのはポアトルの角栓クリアジェル。これを使って鼻、頬をやさしくくるくるマッサージ。5分くらいすれば十分です。これで毛穴が完全に開き、角栓もぐらぐら状態になります。


水で流すとまた毛穴が閉まってしまうので、お湯で洗い流します。手が濡れていると毛穴パックが手にくっついてしまいうまく貼れませんので乾いたタオルを用意しておいて、手をさっと拭きます。


貼るときはまず鼻の頭から中心を合わせて貼っていきます。小鼻の脇にはるときはなるべく頬側に皮膚を引っ張って、しっかり毛穴パックがはりつくようします。ここで雑にやると小鼻の脇の角栓が取れないので注意です。


頬も横に皮膚を引っ張りながら、皮膚にたるみのない状態をつくりパックを貼っていきます。空気が入らないように注意。しっかり密着させたら、触らずに20分から30分放置して完全に乾かします。


しっかり乾いたのを確認してから、頬側からゆっくりはがしていきます。そうすると...どんどん角栓が引き抜かれていく!これを見るのが本当に快感です。痛みは少しありますが、本当に少ないですので心配いりません。


これが終わった後、冷水で引き締めて、毛穴パックをした箇所をしばらくアイスで冷やすと毛穴の状態も悪くなりません。この後の引き締め作業を怠ると毛穴が開くので注意してください。私はこの引き締めをしていない時期に毛穴が悪化してしまったので、この作業は本当に大事です。


正しく使えば、毛穴もいい状態を保てますし、なにより角栓があるときとない時では見栄えが全く違います。私はかなり気に入って使っています。


DMM FX